職種紹介

私たちの仕事を大きく分けると窓口係、融資係、得意先係などがあります。
それぞれの係には様々な役割があり、それぞれにやりがいを感じられます。

得意先係

2018年入庫の先輩

成功体験が成長につながった瞬間

集金活動をはじめ、融資や預かり資産の提案などを行っています。印象的だったのは、理容室のお客様から「息子の帰郷に際して店舗を改装したい」とのご相談を受け、補助金申請などを含む有効なお手伝いができたこと。手応えとやりがいを感じる、確かな成功体験となりました。

新たな挑戦を一つずつ”経験”にして

お客様との接点が多く、また心から信頼されていると実感できるのが信用金庫の魅力。私にとっては、なんでも話せる同期の存在も心強い支えです。今後も地道な訪問活動を大切に、一つひとつの新しい挑戦を経験として積み上げ、お客様に必要とされる職員になるのが目標です。

 

2018年入庫の先輩

「しんきんさん」の呼びかけがうれしい

3年ほど窓口を担当し今の業務に。お話をしながらお客様の困りごとや求めていることを探り、喜んでいただけるような提案ができたときにやりがいを感じます。担当エリアをバイクで回っていると、「しんきんさん!」と手を振ってくださる方もいて、とてもうれしく思います。

連休を取得して趣味の旅行へ

土日祝日が休みなので予定を立てやすく、また育休も取りやすい環境が整っています。旅行が趣味で温泉が大好きなので、コロナ禍以前は連休を取得して群馬県や富山県などの近県に出かけていました。仕事とプライベートのメリハリをつけて過ごすことができるのは大きな魅力です。

窓口係

2006年入庫の先輩

お客様のライフプランに適したプロならではの提案を

マネープランナーの仕事は、資産形成や資産運用、また相続や税金などに関わる相談を受け、お客様に適した提案を行うこと。それがニーズと合致し、「ありがとう」と喜んでもらえたときはうれしいですね。それぞれケースが異なるため、新たな知識を取り入れる必要性も出てきますが、それは必ずその後に役立つ学びとなるのでやりがいを感じます。
こぢんまりとしたよいお店や、オリンピックでも使われた製品をつくる全国シェアの企業など、より上越を誇りに思うような出会いがあるのもこの仕事の魅力です。

 

2021年入庫の先輩

がむしゃらに頑張る日々

窓口でテラー業務を担当。最初に「新人さん?」と声を掛けてくださったお客様が、ご来店ごとに「今日もお願いします」と挨拶してくださるのがうれしくてやる気が出ます。まだ業務に慣れず、ただがむしゃらに取り組む日々ですが、お客様とのこうしたふれ合いに支えられています。

メンター制度に支えられています

入庫後、メンター制度により支店の先輩職員からサポートしてもらっています。配属店舗以外の話を聞くことで、職場の様々な知識が増え、とても有意義です。今後も手を抜くことなく仕事に臨み、数年後にはお客様から感謝され、後輩からは頼りにされる職員になりたいです。

 

2021年入庫の先輩

お客様との何気ない会話が喜び

研修期間を経て窓口業務へ。来店されたお客様の入出金や口座の開設、各種届出事項の変更手続きなどに対応しています。お客様との何気ない会話が日々の楽しみ。同年代からご年配の方、企業の社長さんまで様々な方と交流できるところが魅力です。

ゆったり楽しく、地元で働く

大学時代に上越を離れたことで、地元の良さを再発見。地域に根ざした仕事に魅力を感じて入庫しました。地域貢献している点にも誇りを感じています。地域金融機関でお客様に選んでいただけるテラーを目指したいです。

融資係

1997年入庫の先輩

子育てしやすい環境で自分らしくキャリアを築きたい

融資に向けての相談、すでに融資をご利用いただいているお客様の管理などが主な仕事です。数ある金融機関の中から当金庫を選んでもらえたこと、そして融資が成立して笑顔で感謝されることに喜びを感じます。
3人の子を持つ母ですが、その都度、産休・育休を取得してキャリアを継続中。職員が互いに助け合う風土があるため、子どもの体調不良や学校行事の際も快く送り出してもらえるのは助かります。整った環境の後押しを受け、プライベートを充実させながら、管理職を目指して頑張っています。

 

2005年入庫の先輩

企業を総合的にサポートする町医者のような金融機関に

地域の事業者様に対して、業績向上に直結する金融面のサポートだけでなく、様々な課題解決に向けた総合的な支援を行っています。
新規事業立ち上げの相談をいただいたお客様が無事開業し、10年経った今も「平原さんはうちのスタッフの一員ですよ」と歓迎してくださることは大きな喜びです。
お客様との距離が近いのは信用金庫の魅力。今後も気軽に相談できる町医者のような役割を果たしながら、地域においてキラリと光るリレーションシップバンキングを目指したいと考えています。